【出雲國神仏霊場 第七番「華蔵寺」】標高456mの山頂から愛を叫ぶ!

おはようございます、智道です。

出雲國神仏霊場第七番の「華蔵寺(けぞうじ)」をご紹介します。
華蔵寺にお参りしたのは、平成27年1月28日です。

 

華蔵寺の正式名称は龍翔山華蔵寺です。
臨済宗南禅寺派の寺院で、標高456mの枕木山山頂に位置する禅宗の古刹です。
僕の住む出雲市からは車で90分程かかりました。

当日は、全国的に天候が悪く出雲地方も例外ではありませんでした。

松江市街地を車で走行中から霙混じりの雨だったのですが、華蔵寺のある枕木山山頂付近はやっぱり雪が積もっていました。標高456mともなれば下界とは様相が変わるのは当然ですね。

 

こちらが華蔵寺参道の入り口です。

kezouji-sando

本堂までは、ここから500m程徒歩となります。

 

石段をフウフウ言いながら登ると、松平直政が建立した仁王門が目に入ります。

kezouji-nioumon

 

仁王門の両側には、2mを超える金剛力士像が睨みを利かせています。
この金剛力士像は、運慶の作と言われています。

kezouji-niou1 kezouji-niou2

 

さて、仁王門を潜って更に参道を歩いて行くと、向かって左手の崖に今度は不動明王像が見えてきます。

kezouji-fudoumyouou1 kezouji-fudoumyouou2

この石造りの不動明王は大きさとしては日本有数のものです。
華蔵寺のある枕木山は松江城の鬼門にあたることから、その安泰を祈念して慶応の時代、章安和尚により建立されました。
自然とマッチしたこの石像を見ると身が引き締まります。

 

以下、境内の様子を写真でご覧ください。

 

kezouji-yakushido
【薬師堂】

 

kezouji-syouroumon
【鐘樓門】

 

kezouji-hondou
【本堂】

 

さて、華蔵寺のおすすめは展望台からのパノラマです。
標高456mからの展望は大自然との一体感で、きっと魂を揺り動かすことでしょう。
眼下には中海、そして中海に浮かぶ大根島と江島、遠くには伯耆富士大山、北方向には隠岐島、西方向には三瓶山と
その景観は雄大です。
夜景も美しく、若者達のデートスポットともなっています。
僕がお参りした時は天候不順で一大パノラマは拝めず、ご覧の通りわずかに中海と大根島・江島が見えるだけ。

kezouji-tenboudai

次回は天候の良いに日お参りして、ぜひ展望台から秀峰大山を拝みたいものです。
展望台から臨む大山の姿は、華蔵寺公式ウェブページからご覧いただけます。

華蔵寺公式ウェブページ(境内のご案内)
http://www.kezoji.com/guide/index.html

 

出雲地方においでの際は、ちょっと枕木山まで足を延ばして大自然のパワーと仏さまのご慈愛で癒されてくださいませ。

 

goshuin07
【華蔵寺の御朱印と護縁珠】

 

<華蔵寺のデータ>

所在地:島根県松江市枕木町205
号:龍翔山華蔵寺
派:臨済宗南禅寺派
御本尊:釈迦牟尼仏
御本尊:枕木薬師如来
基:智元上人

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
今日も素敵な一日をお過ごしください。

 

  すべての存在が幸福でありますように
 

人気ブログランキングに参加しています。
皆さまに幸せと豊かさをお届けするブログを目指してます。
ワンクリックで応援をいただければ励みになります。

↓↓↓


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ