【出雲大社参拝記⑧】八足門から御本殿を拝礼

おはようございます、智道です。

出雲大社参拝記の第8回目です。

 

昨日の記事にも書いた通り、出雲大社の参拝の作法は、「二礼・四柏手・一礼」です。

なんで四回も柏手を打つのか・・・?

心をこめて重ね重ね丁寧に拝むという氣持ちのあらわれだ、と説明されていらっしゃる方がありました。
大国主命の怨念を鎮めるためだとか、出雲は幽世の國、つまり黄泉の國で、死に通じる世界なので四回打つのだとか、色々な説があるようですね。
ちなみに、宇佐八幡も四柏手で、伊勢神宮の神官にあっては八つも拍手を打たれるのだそうです。

 

けっきょくその理由はっきりしないようです。
と言いますが、神社で二柏手に統一されたのは近世になってからなのです。

 

さて、この話題は置いといてお詣りの話に戻ります。
拝殿へお参りをしたら、ぐるりと境内を回ります。案内板での順路は左回りとなっています。

 

拝殿前の庭には、大社に棲みついている鳩がたくさんいます。昔はもっと多かったような氣がしますがどこへ行ったのでしょう?
境内には餌箱があって鳩に朝をあげることもできます。
餌をあげるとまとわりついてくるくせに、

hato1

捕まえようとすると逃げていく、中途半端に人懐っこい鳩たち。

hato2

そうなんだ、捕まえようとすると逃げていくんだ、鳩も女子も!(*^_^*)
でも可愛いですね、動物好きさんは鳩に癒されるかも。

 

さて、御本殿は拝殿の後方にあります。順路通りに歩いて御本殿に参拝します。

 

御本殿は三重の垣根に守られていて、特別の場合を除いては、瑞垣内(垣根の内側)を歩くことはできませんが、正月の三が日だけは一般に開放されます。
また、サービスなのか、祈祷の流れのひとつなのかはわかりませんが、正式な御祈祷を受けた後は、”おにわふみ”と言って、瑞垣内を歩かせていただけます。

 

そんなわけで、一般の参拝者は、本殿の聖域入口である八足門(やつあしもん)から礼拝します。

yatuashimon1

 

上の写真で、八足門の手前の石畳に茶色の丸が3つ並んで見えますね。
下は、近くに寄ってみた写真です。

yatuashimon2

 

この3つの円は、ヴィジュアル的なデザインではありません。
古き世の出雲大社では、この位置にこんな大きな心御柱(しんのみはしら)が立っていたのです。
この心御柱のレプリカは境内にあったのですが、今は別の施設に移されています。

shinnomihashira

 

古(いにしえ)の時代の出雲の大社(おおやしろ)は、当時は木造の超高層神殿だったようです。

 

続きはまた明日 (^-^)/~~

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
素敵な一日をお過ごしください。
今日もきっと良いことがありますよ。

 

  かむながらたまちはえませ かむながらたまちはえませ 
 

人気ブログランキングに参加しています。
皆さまに幸せと豊かさをお届けするブログを目指してます。
ワンクリックで応援をいただければ励みになります。

↓↓↓


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ