【出雲國神仏霊場 第二十番「日御碕神社」】総権現造のお社と女神の降り立つ経島

おはようございます、智道です。

出雲國神仏霊場巡礼も、いよいよクライマックスとなりました。
出雲國神仏霊場巡礼のとりは、第二十番の日御碕神社です。

 

この巡礼は、平成26年12月24日の出雲大社から始まり、平成27年5月27日に日御碕神社にて満了しました\(^o^)/
思いのほか長引いてしまい、約5ヶ月かけての巡礼なりましたが、やり遂げた達成感はあります。

 

僕は今、出雲という大自然に恵まれた、歴史のある素敵な地に生を受けたことを誇りに思っています。
かつては都会に憧れ、こんな田舎町を恥じていましたが、僕がこの地に生まれたのは必要必然なのですね、きっと(^_^)v
この地にこそ、自分のやるべきことがある、そう信じています。

 

さて、日御碕神社は島根半島の西端に位置し出雲国風土記には「美佐伎社」と記される古社です。
(ちなみに島根半島の東端には、 美保神社が鎮座されてあります。)

 

出雲大社から日御碕という岬に向かって8㎞ほど道なりにクネクネと車で走ります。
初めての信号を(信号はひとつしかないのだけど(^_^;))右折してループ状に下っていきます。そして、100mほど下った突き当りが日御碕神社になります。

朱塗りが際立つ艶やかな外装は、神社の品格を感じさせます。
※お詣りした時は、回廊の補修中でした。補修は来年(平成28年)の春くらいまでかかるそうです。

hinomisakijinjya-roumon
【日御碕神社 桜門】

 

日御碕神社は、上の宮「神の宮」と下の宮「日沈宮(ひしずみのみや)」の二社からなり、両本社を総称して『日御碕神社』と呼ばれます。神の宮には素戔嗚尊、そして日沈宮には天照大御神がそれぞれお祀りされてあります。

 

hinomisakijinjya-kaminomiya
【神の宮】

 

hinomisakijinjya-hishizuminomiya
【神の宮より臨む日沈宮】

 

素戔嗚尊の奇魂と、天照大御神の和魂の御霊威をいただいた御神徳は、

「邪心を払い給う神」
「厄除けの神」
「産びの神」
「縁結び」
「夫婦円満」
「家運繁栄の神」
「交通安全の神」
「殖産興業」
「安産の神」

など広く、霊験あらたかです。

境内の御由緒書には、このように書かれてあります。

 

【日御碕神社御由緒】

日沈みの宮は、村上天皇天暦二年勅令により現在の地に移し祀る。(一千年以前)
上の本社は、安寧天皇十三年勅命により現在地に移し祀る(二千五百年以前)
古来両本社を総称して日御碕大神宮と称す。

日沈みの宮の遠源は、神代の昔素戔嗚尊の御子天葺根命(又 天冬衣命と申す宮司家の遠祖)。現社地に近い経島に天照大御神の御神託を受け祀り給うと伝えられる。

又『日出る所伊勢国五十鈴川の川上に伊勢大神宮を鎮め祀り、日の本の昼を守り、出雲国日御碕の清江の浜に日沈宮を建て、日御碕大神宮と称して日の本の夜を護らむ』

天平七年乙亥の勅に輝く日の大神の御霊顕が仰がれる如く、古来日御碕は夕日を餞け鎮める霊域とされ、また素戔嗚尊は出雲国の国土開発の始めをされた大神と称えられ、日御碕の『隠ケ丘』は、素尊の神魂の鎮った霊地と崇められた。

『神の宮』は素尊の神魂沈まる日本総本社として、『日沈宮』と共に出雲の国の大霊験所として、皇室を始め、普く天下の尊崇をうけ、現在に至っている。

然してその御神徳は、天照大御神の『和魂』、素戔嗚尊の『奇魂』の霊威を戴き、『国家鎮護』 『厄除開運』 『交通航海の安全』『良縁・夫婦円満・安産』 『家業繁盛』の守護神としてご霊験あらたかである。

現在の社殿は、徳川三代将軍家光公の幕命による建立にして西日本では例のない総『権現造』である。両社殿とも内陣の壁画装飾は極彩色で鰈にして荘厳の至りである。
社殿の殆ど、及石造建造物は国家重要文化財である。

 

御由緒書に書かれてある通り、西日本では例のない総権現造のお社です。
※権現造とは、本殿と拝殿の二棟を一体化し、間に「石の間(いしのま)」と呼ばれる一段低い建物を設けている神社の構造様式。(ウィキペディアより)

 

日御碕神社のすぐ先は日本海で、かつては、この海に浮かぶ経島(ふみしま)に日御碕神社がお祀りされてあったようです。
経島は約3000㎡の小さな島ですが、ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されています。

fumishima
【ウミネコの繁殖地 経島(ふみしま)】

 

この経島は神域なので、一般人は立ち入ることはできません。
そして、スピリチュアル系の方の好きそうなお話ですが、霊眼の啓けたある方曰く、「この島には、それはそれは美しい
女神様が降りていらっしゃる。」のだそうですよ~。
ぜひ、女神様にお逢いしたいものですね(*^_^*)

 

また、この神社には霊験あらたかな御砂の話もありますが、この話はまたいつか!

 

goshuin20
【日御碕神社の御朱印と護縁珠】

 

<日御碕神社のデータ>

所在地:島根県出雲市大社町日御碕455
主祭神:天照大神
主祭神:素戔嗚尊
社格等:式内小社
社格等:国幣小社
社格等:別表神社様
建:安寧天皇十三年
式:権現造

 

出雲國神仏霊場巡礼記を、最後まで読んでいただきありがとうございました。
今日も素敵な一日をお過ごしください。

 

  すべての存在が幸福でありますように
 

人気ブログランキングに参加しています。
皆さまに幸せと豊かさをお届けするブログを目指してます。
ワンクリックで応援をいただければ励みになります。

↓↓↓


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ