うなぎと土用の丑の日、そして父の日

おはようございます、智道です。

昨日6月5日、中国地方に梅雨入り宣言がありました。
今日の出雲は梅雨らしいジトジトした天気です。

梅雨時の良いのは、農作物や花の水やりの心配をしなくていいところ。
それはとても助かります(^^)v

今日は汗を流さずに済みそうです。

 

梅雨が明けるのはいつでしょう。
平年通りなら7月中旬あたりでしょうか。

梅雨が明けたら夏本番。

夏と言えば、夏休み・海・山・海水浴・キャンプ…
あとはなんだ? イメージ力が衰えた(^_^;)

まあ、世代によって連想するものが違いますね。

夏の食と言えば…

スイカ・うなぎ・トウモロコシ・アイスクリーム…

そういえば、スイカとうなぎは食い合わせが悪くて、
一緒に食べるとおなかをこわすとよく言われたけど、
あれはいったいなんだったんだろう?

 

と言うわけで、ちょっと早いけど
今日は土用の丑の日とうなぎの話。

 

うなぎ通販の美食市



 

平成30年は、土用の丑の日は2回あります。

 1回目の夏の土用『一の丑』は、7月20日(金)
2回目の夏の土用『二の丑』は、8月1日(水)

2回ある場合は、1回目の土用の丑の日がメインとされています。

 

暦に興味のない頃は、「土曜の牛の日」にはうなぎを食べる?なんで??
なんて思っていたものです。

 

土用とは土旺用事(どおうようじ)の略で、
古代中国から伝わる陰陽五行説では、
春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・ 金・水のエレメントにあてはめ、
土のエレメントを各季節の終わりの18日間に当てはめました。
土用は、季節の変わり目である
立春、立夏、立秋、立冬の前の18日の期間のことをいいます。

そして、丑はおなじみの十二支のひとつのウシです。
十二支は「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」を
12日で一巡します。
なので、土用の18日の期間中に、
十二支順繰り回って2回目になる場合もあるわけです。

 

土用の丑の日にはうなぎを食べる、
という習慣はすっかり日本の夏の風物詩となっていますが、
その発祥は、江戸時代中期の学者である平賀源内だと言われています。
源内は本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、
浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家と、多才を発揮した人物です。

源内による起電機エレキテルの復刻は有名です。

 

で、源内とうなぎの関係とは・・・

ある時、うなぎが売れなくて困っていたうなぎ屋が源内に相談したところ、
「【本日丑の日】という張り紙を店に貼るように」という源内の発案が功を奏し、
それからうなぎ屋は大繁盛になったといいます。

当時は、丑の日にちなんで、“う”から始まる食物を食べると夏負けしない
という俗説がありました。

 

ところが、それ以前のずっ~と昔、
万葉の時代から日本にはうなぎを食べる習慣がありました。
万葉集にはうなぎを織り込んだ歌が詠まれています。

 

 

痩(や)す痩すも 生けらばあらむを 将(はた)やはた
鰻(むなぎ)を漁ると 河に流れな <大伴家持>

(訳)いくら痩せていても、じっとしていれば生きていられるものを、
うなぎを食べて元気になろうと川に入れば水に流されてしまうよ。

石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに よしといふものぞ
鰻(むなぎ)とり食(め)せ <大伴家持>

(訳)痩せ細った石麻呂さんに、うなぎは夏痩せにいいと聞いているから、
うなぎを捕って食べたらどうだい。

 

 

平安の時代から、うなぎには滋養強壮の効果があることが認識されていたんですね。

土用の丑の日はずっと先だけど、父の日は近いです。

お父様を元気にするために、うなぎをプレゼントなんていいかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今日も素敵な一日をお過ごしください。

 

すべての存在が幸福でありますように。

 


 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ