稲田神社 ~ 稲田姫命に見守られながら出雲そばを頂く

おはようございます、智道です。

 

奥出雲探訪、まずは稲田神社です。

稲田という名前で分かっていただけると思いますが、
稲田姫をお祀りした神社です。

下の写真が稲田神社の拝殿です。

 

inadajinjya

 

『古事記』では櫛名田比売、
『日本書紀』では奇稲田姫と記されてありますが、
いずれも同じ女神様です。

 

暴れん坊の素戔嗚尊が惚れ込んで、
あわやヤマタノオロチの餌食になろうかという
窮地から救い出した伝説はご存じかと思います。

 

その美しい女神をお祀りしているのがここ稲田神社です。

稲田姫を単体でお祀りしている神社は、
全国的にも珍しいのだそうです。

 

稲田姫はここ、奥出雲でお生まれになりました。
だからなのかどうか分かりませんが、
奥出雲では大国主命はあまり登場されません。

その分、稲田姫が前面に出ていらっしゃいます。
なにしろ奥出雲のイメージキャラクターは、
「いなたひめちゃん」と「すさのおくん」。

 

susanouinada

 

奥出雲では、稲田姫がとても愛され大切にされているようです。

今のこの立派な社殿は、個人の寄進によりるものです。
事業で大成功をされた島根出身の実業家小林徳一郎氏が、
故郷に貢献するために多額の寄付をされ建てられました。
この方は、確か出雲大社の大鳥居と松並木も寄贈されていたはずです。
大鳥居に小林徳一郎という名前が刻まれていたと思います。

さてこの神社の珍しいところは、
社務所の一部がお蕎麦屋さんになっている所です。
それもとびっきり美味しい出雲そばです。
(奥出雲そばと言うのが正しいのかな?)

お蕎麦屋さんの名前は”ゆかり庵”さん。

 

yukarian

warigosoba

 

社務所隣りから、緑に囲まれた社殿と境内を眺めながら
頂くおそばの味はまた格別です。

稲田姫命も微笑みながら
「ささめしあがれ」と言って下さっていることでしょう(^^)

 

 

 

それでは、今日も素敵な一日をお過ごしください。

すべての存在が幸福でありますように!

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ