ぼべ貝飯を作ってみました。

おはようございます、智道です。

 

8月もあと数日で終わですね。

夏の終わりは、いつもセンチメンタルな気分になるのは不思議です。
何でだろう?

 

この季節になると聴きたくなるのがこの曲、「夏の終わりのハーモニー」。
素敵な曲です。

この映像、本当に玉置浩二なの?
って思うほど渋くなられましたね。

 

 

夏の終わりとは関係ないけど、
先日ぼべ貝採りに行ってきました。

ぼべ貝って何?
と言われそうだけど、岩場やテトラポットにへばりついている
蓑傘(みのがさ)みたいな貝です。

下の写真を見たらわかると思います。


(※ウィキペディアより)

 

出雲では、「ぼべ貝」とか「べべ貝」と呼んでいますが、
学術名は「ヨメガカサ」です。
漢字で書くとたぶん「嫁ヶ傘」。

 

出雲では、と言うか、島根ではこの貝をよく食べます。
数年前に「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されています。

 

 

ぼべ貝を使った貝飯の美味しいこと、美味しいこと。
何杯でもおかわりできます。

僕はサザエの貝飯よりもこちらのぼべ貝飯の方が好きです。

 

 

ぜひご家庭でチャレンジしてみてください。

クックパッドに、ぼべ貝飯のレシピが載っていました。

【ぼべ飯】⇒ https://cookpad.com/recipe/1886516

 

ぼべ貝を手に入れるには、
自分で採りに行くか、知人に頼むしかなさそうです。
残念ながら、楽天でもAmazonでも取り扱いはありませんでした。

 

今年あと一回ぐらいぼべ貝採りに行ってこようかなと思っています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
今日も素敵な一日をお過ごしください。

 

すべての存在が調和でありますように。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ