書籍「和の成功法則」の感想

おはようございます、智道です。

 

書店で気になる本を見つけたので購入して読んでみました。

書名は「和の成功法則」

 

 

 

 

「和の成功法則」と言えば、
ネット広告で去年あたりによく見かけていました。
もう本が出たのかとちょっと驚きました。

 

最近でもまた、Google Adsenseなどのネット広告でよく表示されますね。

ネット広告→無料動画・PDF→メルマガ→有料セミナーへの誘い。
その有料セミナーがメチャ高っ(^_^;)

ネットビジネスの世界ではよくあるパターンです。

 

「和の成功法則」のセミナーもメチャ高です。(僕にとってはですが・・・)
僕はとても受講できないし、受講する気もないです。

 

まあセミナーの定価ってあるようでないのが実情で、
ジャンルを問わず、ちょっとした塾やセミナーなら30万円は当たり前の世界です。
ネットビジネスの中には100万円を超える塾もあるのだそうです。
受講者の中には無理をして受講されている方もあるのでしょう。

そうした傾向に警鐘を鳴らす人も多くあります。

 

僕は

売り手よし・買い手よし・世間よし

という近江商人の三方よしの教えに感銘を受けています。
そして、これが僕のひとつの基準です。

 

高額でもクオリティの高いを提供され真面目にされている業者や個人がある一方、
お金や目当ての悪徳業者も横行しているネットビジネスの世界。

リアルな世界でも同じで、ネットワークビジネスなどその最たるもの。
真面目に商売されてる方もありますが、そうじゃない人の方が多いような印象を受けます。

 

さて、そんな先入観をもちつつ「和の成功法則」を読んでみましたが、
意外とまともな内容でした。
というよりも、自己啓発的な面では参考になる部分も多かったです。
著者とセミナー運営者とは目指す方向性が違うんじゃないの?
と思うくらい。

 

スピリチュアル系を学んでこられた方には、
「当たり前じゃん」という感じで、物足りないかもしれないけど、
『祓い給え』の祓いの重要性が説かれてあります。
祓い続けることで本来の神性が目覚めるというもの。

 

『祓い』はクリアリングとかデトックスとかヒーリングの世界に通じるものがありますが、
世界でも稀にみる高度な言語を使う日本人は祝詞によって祓うことができるようです。

この本の売りは、祝詞が収録されてある付録のCDです。
CDを回すだけで祓いが始まると言います。

 

そしてCDの音声は人の声ではなく、人工音声ボーカロイドが使われてあります。
なぜボーカロイドを使うのかというと、
祝詞を唱える人の想念が入らないためなのだそうです。

ちょっと不思議な感じの音声で、
前衛クラシック音楽ユニットのアディエマスみたい。
(↑個人的な趣味と感想です(^^))

【聖なる海の歌声 – アディエマス(Adiemus)】

 

 

この本「和の成功法則」を読むとともに、
「和の成功法則」をネットで検索してみてくださいね。

本は良書だと思うのですが、セミナーは参加していないのでわかりません。

「和の成功法則」の広告は、アフィリエイトの手法が使われてあるので、
ネットでは褒め言葉も多いのだけど、ご自分で判断をしてくださいね。

 

なぜ、「和の成功法則」を紹介したかというと、
神道から成功哲学へのアプローチというのが面白かったから。
咀嚼するために、もう一度読んでみようと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

寒い一日になりそうですが、心は温かくいきましょう(^^)/

素敵な一日をお過ごしください。

 

すべての存在が幸福でありますように。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ