”日本という尊い国” アインシュタインの言葉

おはようございます、智道です。

 

行く一月
逃げる二月
去る三月

あっという間の三ヶ月。
今年も4分の1が終わりました。

 

4月からは新年度のスタートです。

 

そして、桜の季節も到来ですね~!

sakura

 
出雲の桜は二分咲きほどです。

皆さま、花見の準備はOKですか?

 

日本は平和な国です。
ありがたいことです。

 

やはり、日本は護られているのかもしれませんね。

 

「何事の おはしますをばしらねども
 かたじけなさに 涙こぼるる」(西行法師)

 

 

理論物理学者アインシュタインも、
日本についてこんな賛美の言葉を残してくれています。

einstein

 

 

近代日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。
この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。
果たせるかなこの国の、三千年の歴史がそれであった。

この長い歴史を通して、一系の天皇をいただいているということが、
今日の日本をあらせしめたのである。

私はこのような尊い国が、世界に一カ所位なくてはならないと考えていた。
なぜならば世界の未来は進むだけ進み、
その間幾度か戦いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時がくる。
その時人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。

この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、
凡ゆる国の歴史を抜き越えた、最も古くまた尊い家柄ではなくてはならぬ。

世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。

吾々は神に感謝する、
吾々に日本という尊い国を作って置いてくれたことを。

(アルバート・アインシュタイン)

 

 

世界の偉人がこんな言葉を残してくれるなんて、
うれしくなりますよね。

 

自信をもっていきましょう、日本人。
元氣をだしていきましょう、日本人。

 

僕たちは、こんな素敵な国に住んているのですから。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
今日も素敵な一日になりますように!

 

 

  すべての存在が幸福でありますように
 

人気ブログランキングに参加しています。
皆さまに幸せと豊かさをお届けするブログを目指してます。
ワンクリックで応援をいただければ励みになります。

↓↓↓


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ