この素晴らしき「気」の世界

 
内容紹介

ぼくは美術館で、いろんな絵に向かって波動を送ることがある。
ダ・ヴィンチの絵はすごかった。
気のボールを投げると、とても 遠い。吸い込まれていく。
その感覚がすごい。
しばらくしてやっとエコーが帰ってきた。

しかし、東山魁夷画伯が描かれた唐招提寺の障壁画は
{そんなものではな かった。

気のボールのエコーが帰ってこないのだ。
その絵の中に入ると、360度、無限のなかにいる。
何ひとつ反響がない。
自分のエネルギーフィールドの感 覚が失われて行った・・・・・・。
これはダ・ヴィンチ以上だ。

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

気を読み、気を動かし、事象を変える新進気功家の「気」ワールド。

気の向こうに精霊が舞い降りる22のストーリー。

<目次>

1.政木和三先生の無欲の大欲
2.宇宙そのものになった人(植芝盛平の強さの秘密)
3.出口王仁三郎の燿〓(でぐちおにざぶろうのようわん)
4.一千年先を信じた男(鑑真和上のエネルギー)
5.植物に愛された男(ルーサー・バーバンクの祈り)
6.本物の神様遣いみたい(矢沢永吉さんの器)
7.あるウェイターのまごころ
8.片岡鶴太郎さんの「ありがとう行」
9.一千万円の言挙げ
10.・ごはんの祈り(自分で幸せになるために)
11.肉体は考える(角膜が祈ったこと)
12.笑いは最強の力
13.マイケル・クライトンの憑依霊(不幸はあなたを守る)
14.ニコチンは霊を引き寄せる
15.宝くじに当たる秘密
16.モノは心を持っている
17.「スター・ウォーズ」の魔術(成功のしかけ)
18.ハリウッド男優もオチるモテ術
19.コソタクマヤタク
20.「あけましておめでとう」という呪術
21.この世の中、エネルギーだけでなんとかなるほどすてき!
22.土星の時代がやってくる

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ