【出雲大社参拝記 最終話】神々をお迎えする神迎神事

おはようございます、智道です。

「出雲大社参拝記」の最終回です。

 

全国の神々が出雲にお集まりになるのは、毎年旧暦の10月10日です。
今年平成27年は、新暦の11月21日がその日に当たります。今年も例年通り、19時から国譲りの伝承地である稲佐の浜において神々をお迎えする神迎神事が執り行われます。稲佐の浜でお迎えした神々は、龍蛇神の先導のもと大国主神が待たれる出雲大社へとご神幸され出雲の神々と民からの歓迎を受けます。そして、神迎神事が終わった後は出雲大社の東西の十九社でお休みになられます。
翌日の旧暦10月11日から八百萬神サミットの本題である神儀が始まります。

こちらは去年の神迎神事が終わった直後の写真です。

kamimukae2014

神事が終わり、神官とともに神輿が出雲大社の境内に入られた直後に、ものすごい突風が吹き、風は境内の方向に流れていきました。これにはビックリ(@_@) 龍蛇神が宙を舞っているイメージが浮かびました。
周りにいた若い女性たちの「感動した!涙が出そう」とつぶやいている声が聞こえ、本当に今神さまがいらっしゃるんだなぁと僕も感動しました。

とっても不思議だけど、神々をお迎えする日の大社は風が強く雨が降ることも多いので、神迎神事に参加される方は、レインウェアと防寒具は持たれた方が良いかもしれません。

 

一昨年の神迎の日には、出勤途中にこんな絵に描いたような大きな虹に遭遇しました。おまけにうっすらと二重の虹で、神々bの祝福を受けているみたいで、ちょっと幸せな氣分を味わうことができました(^o^)

niji1 niji2
【2013年11月12日撮影 出雲市朝山町にて】

 

今年はどんなサインを見せてもらえるのかな、あんまり期待しすぎない方が良いかもしれないけど。

毎年この日になると、県外からも沢山の敬神家の方々が神迎神事に参加され、神さまのお出迎えをされます。今年もきっと盛り上がることでしょう。

 

さて、「出雲大社は知ってるけど、何県にあるんだっけ?」そんな方もいらっしゃるかもしれないですね。
いや、けっこう多いような氣がします(^-^;

 

「出雲大社の所在地は、島根県出雲市ですよ。」
「島根県? どこだっけ??」
「(-_-;)」
そんな方のために、地図を貼り付けておきますね。

 

第74代内閣総理大臣である竹下 登さんは島根出身の人なのですが、総理大臣になった時、週刊誌によく島根の特集が組まれていました。
「明日、日本から消えても氣が付かない県」なんてヒドイこと書いてある記事もあったなぁ(T_T)
でもまあ確かに地味な県ではあります。
ちなみに、タレントのDAIGOクンは竹下 登さんのお孫さんですよ。

 

それでは、「出雲大社参拝記」は、これにて一旦終了させていただきます。
出雲大社についての情報は、また単発記事で書かせていただきたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
素敵な一日をお過ごしください。
今日もきっと良いことがありますよ。

 

  かむながらたまちはえませ かむながらたまちはえませ 
 

人気ブログランキングに参加しています。
皆さまに幸せと豊かさをお届けするブログを目指してます。
ワンクリックで応援をいただければ励みになります。

↓↓↓


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ