【出雲大社参拝記⑩】西方を向かれる大国主命

おはようございます、智道です。

「出雲大社参拝記」の連載をストップしてしまい申し訳ありませんでした。
10月23日から25日まで、香川県の高松市に行っておりました。
せっかくだからと、本場の讃岐うどんをたっぷりと堪能しましたよ。
本場はやっぱりコシと麺の輝きが違いますね。
あるうどん店では、麺を自分で湯通しして、ツユをコックからドンブリに注ぐなんて体験をしました。讃岐ではそんなスタイルのお店は多いのでしょうか?
ちょっとしたカルチャーショックでした(^^)

高松市まで行った目的は、なにもうどんを食べるためだけではありません。
第一の目的は、あるヒーリングメソッドを修得するためだったのです。
そのヒーリングは、このブログの主題である氣とともに、これからの僕にとても大切なコンテンツとなります。
時期がきたら、記事としてご紹介させていただきたいと思います。

 

それでは、出雲大社参拝記の第10回目をいきます(^O^)/

出雲大社本殿の御神座は、横(西)向きだと言う事をご存知でしょうか?

yatuashimon3

上の写真は、八足門と御本殿の正面側から見た写真ですが、じつは御本殿の中の大国主命は横を向いていらっしゃいます。
だから正面からの参拝では、大国主命の横顔を拝んでいる状態なのです。

そこで、大国主命を正面から拝めるようにと、御本殿の正面とは別に西側にも拝礼所が設けられてあります。
それが下の写真です。

gohondennishi

 

西側には、その由来を書かれた看板がありますが、このように解説されてあります。

御祭神大國主大神のお鎮まりになる御本殿の正面は南向きですが、殿内の御神座は西向きとなっています。
昔より御参拝の皆様は大神様に向い合い御神座正面から拝しております。
先づ御本殿正面でご拝礼の後、瑞垣に沿って摂末社を参拝され、御神座正面に当たる此の場所より、再度心を込め拝礼なさいます。

 

ここには、なぜ御神座は西向きなのかは書いてないですね。

これについて、作家の井沢元彦さんは、「逆説の日本史1」において独自の説を唱えられています。

●西を向いているのは、海または北九州と関係があるのではないか?
●人々に大国主神を拝ませないようにするため、横向きにしているのではないか?
●瑞垣内には御本殿を取り囲むように、五つの社がありますが、こちらの五柱の神々は大和の神で、出雲の大国主命の御神霊を監視しているのではないか?(つまり出雲大社は大国主命の牢獄。)

 

なんだか、ご縁参りのロマンの灯が鎮火してしまいそうな話です(^^;)
ロマン派の僕としては、ちょっといただけません。
なので勝手に説を作りました(^^)v

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

●大和の五柱の神々は出雲の大国主命を守護されている。

●大国主命は西方に向かってある御方を礼拝されている。
西方にいらっしゃるその偉大なる御方とは…お釈迦様!

 

syaka

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

厳密にはお釈迦様が生誕されたと言われている、インドとネパールの国境付近は、日本から見て真西よりはちょっとズレていますが、西方向の範疇に入りますね。
大国主命は大黒天であり、大黒天はヒンズー教ではシヴァ神にあたります。
あれ、シヴァ神は破壊の神で、縁結びの反対じゃん(^_^;)

なんて取り留めのないことばかり書いていると、正統派の神道家の方からは、「おかしなことを言うな!」とお叱りを受けそうです。

これ、僕が作ったファンタジーなので、あしからず<m(__)m>
大国主命とお釈迦様が大の仲良しだったなんて、斬新で素敵な話だとは思いませんか?

また、井沢説とは別の話を聞いたこともあります。
大国主命は、親神が鎮座される日御碕神社の方面を礼拝されているから横向きなのだと。
でも、日御碕神社は出雲大社から見て北西の位置にあるし、ちょっと無理があるような氣がしないでもないです。

出雲大社と言えば、縁結びの総本山のように思われていて、全国的に女性に人氣の神社ですが、地元では縁結びの本家は日御碕神社だと言う人も多いです。

 

ちょっと不思議系の話になってしまいますが、出雲大社から車で8㎞ほど北に向かって走ると、島根半島の西端の日御碕という岬に到着します。

霊眼の開けた人がこの日御碕から海を臨むと、そこには、それはそれは美しい弁天様の姿が視えるのだとか。
僕は霊的能力はないのですが、美しい弁天様にぜひお目にかかりたいものです(*^_^*)
日御碕と日御碕神社については、また後日ご紹介させていただきたいと思います。

 

それでは今日はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
素敵な一日をお過ごしください。
今日もきっと良いことがありますよ。

 

  かむながらたまちはえませ かむながらたまちはえませ 
 

人気ブログランキングに参加しています。
皆さまに幸せと豊かさをお届けするブログを目指してます。
ワンクリックで応援をいただければ励みになります。

↓↓↓


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ