【出雲大社参拝記⑤】参道の終点に到着

おはようございます、智道です。

出雲大社参拝記、お楽しみいただけていますでしょうか?
今日は第5回目です。
それではいきます(^o^)丿

 

祓橋を渡ると、第三の鳥居が間近に見えます。

torii3

 

ここからの参道は石畳から細石に変わりますが、
歩道には石畳が引かれてありますのでご安心ください。

 

ただ、長い参道なので、ハイヒールは止めておいた方が無難です。
そんな人はあまりいらっしゃらないとは思いますが・・・。

 

境内まであと一息。がんばって!

 

参道の中間地点である祓橋から先には、見事な松が立ち並んでいます。
この松並木は、「松の馬場」と呼ばれていて、日本の名松100選に指定されています。

 

二列に並ぶ松並木の間を歩くことはできません。ここは神さまの通り道なのです。
(松の根を守るためでもありますね。)

 

松並木の参道の両側には、西神苑・東神苑と呼ばれる広場があります。

higasi-shinen

 

上の写真は東神苑ですが、参拝が終わったらここで休憩をするのもいいかもしれません。
他の参拝者のご迷惑にならないように氣を付けながら、御神氣をたっぷり浴びての瞑想や氣功なんていかがでしょう?
僕もここで瞑想をしたり、小さな声でだけど祝詞を挙げたりすることもあります。

 

さて参道に戻り、トコトコと道なりに歩くと・・・

 

ハイ、参道の終点が見えてきました。

torii4

こちらが、参道の終点であり、境内の入り口でもある第四の鳥居です。
おつかれさまでした~(^^)v

 

いざ境内へ!

 

まずは、手水舎でお清めをしましょう。

otemizu

 

手水舎での一般的な作法は次の通りです。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

【御手水の作法】

①一礼をして右手で柄杓を取る。
②柄杓に手水を掬う。
③初めに柄杓に掬った手水で左手を清める。
④柄杓を左手に持ち替えて、手水で右手を清める。
⑤もう一度柄杓を右手に持ち替える。
⑥左の手のひらに少量の水を溜めて、その水を口に含む。
⑦含んだ水で口をすすいで清めた後、左手で口元を隠してそっと吐き出す。
⑧手水を溜めていた左手をもう一度清める。
⑨柄の首を片手で持ち、やや立てるように傾けて、残った水が柄杓の柄の部分を洗うように流す。
⑩柄杓を元の位置に静かに戻し、最後にもう一度一礼をする。
ウィキペディア【御手舎】の項より

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

 

これで参拝準備完了しました。
では境内に入ります。

 

あっ、その前に!
参道終点あたりの東西に、出雲神話を代表するようなモニュメントが置かれてあるのでこちらを先にご紹介いたします。

 

じらしているわけではないけれど、ご紹介したいところがたくさんあり過ぎて・・・
ごめんなさいm(_ _)m

 

続きはまた明日 (^-^)/~~

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
素敵な一日をお過ごしください。
きっと今日も良いことがありますよ。

 

  かむながらたまちはえませ かむながらたまちはえませ

人気ブログランキングに参加しています。
皆さまに幸せと豊かさをお届けするブログを目指してます。
ワンクリックで応援をいただければ励みになります。

↓↓↓


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ