出雲乃國神恩霊場第九番 【命主社】

こんばんは、智道です。

出雲乃國神恩霊場の10の神社をご紹介しています。

出雲乃國神恩霊場はこのブログだけの呼び名で、
気功家 清水義久先生の著書に紹介されてある神社をもとに
神社巡りのコーズに僕が名前を付けたものです。

公式の観光コース名、および、霊場コース名ではありませんことを
ご承知ください。

 

<清水先生の出雲本「出雲の神まか」>

 

 

命主社のご紹介です。

%e5%91%bd%e4%b8%bb%e7%a4%be
※画像をクリックすると大きな写真でご覧いただけます。

 

 

命主社は、出雲大社の境外摂社で、
正式名称は「神魂伊能知奴志神社(かみむすびいのちぬしのかみのやしろ)」です。

 

神皇産霊神は天地開闢の造化三神の一柱で、
天地万物の根本となられ、
大国主大神が危難に遭われた際には常にお護りされ、
国造りの大業を助成せられた神です。

 

元日の朝には出雲大社の大御祭に引き続き
国造以下神職参向の許、厳かに祭典が斎行されます。

 

社の前には、推定樹齢1000年といわれるムクの巨木があります。
高さ23m・幹周5.90m・根本回り12mで、
昭和51年(1976)に島根の名樹に指定されました。

 

主祭神:神皇産霊神
所在地:島根県出雲市大社町杵築東182

 

 

【参考サイト】

出雲観光ガイド(命主社のページ)
神恩感謝!

すべての存在が幸福でありますように。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ