出雲より愛氣をこめて!

おはようございます、智道です。

 

晴天の秋空が広がる、ここ出雲です。
プロフィールにも書いている通り、僕は生まれも育ちも出雲なのです。

 

出雲と言えば、皆さまはどんな所だと想像されるのでしょうか?
想像もできない?(^_^;)

 

出雲は島根県東部に位置します。
島根県ってどこよ?と問われればどう答えれば良いでしょうか(-_-;)
中国地方にあり、鳥取県と合わせて山陰と呼ばれていて、島根県は広島県の北側にあたります。

まあ、確かに地味な県ではありますが、今年7月に松江市の中心地にそびえる松江城、通称千鳥城の天守が国宝に指定されたという話題はまだ記憶に新しいと思います。
また、一昨日の体育の日に開催された出雲駅伝も島根ですね。(青山学院大学さん、優勝おめでとうございます(^^)v)

 

さて現在の出雲といえば出雲市なのですが、このブログでは松江市・安来市等も含めた島根県東部である出雲地方、昔から呼ばれている出雲之國の情報もコンテンツのひとつとして取り上げていきたいと思います。

 

氣功のブログなのだけど、全国(世界)各地の土地ごと氣候も違うし景観も違います。風土の違いで土地の氣も違うと言うわけで、ブログを通して出雲之國の氣もお届けできたらと思っています。

 

さて、出雲という名のつくものと言えば出雲そばも有名なのですが、やっぱりダントツは出雲大社でしょう。
先に述べた出雲駅伝のスタート地点は出雲大社の勢溜(せいだまり)です。

 

旧暦11月には全国の神さまが出雲に集結されるので神さま不在の神無月、一方、神さまがお集まりになる方の出雲のこの時期は神在月(かみありづき)と呼ばれる、という話はご存知の方も多いと思います。その全国の神々が集結される場所がこの出雲大社を中心とした神域だと言われています。

 

僕も出雲大社は大好きです。御神氣と言うのでしょうか、境内を歩いているととても清々しい氣持ちになります。

 

僕が探究している氣の潜在能力開発法は、氣功法や心理学とともにや神仏のお話も登場します。
なので、まずこのブログは出雲大社のお話からスタートしたいと思います。
一回の投稿では書ききれないので、ちょっと長いけどシリーズ物にしたいと思います。

 

出雲大社の記事は、明日から始めさせていただきますね(^O^)/
ちょうど、神々が出雲に集われる日も近づいています。
全国の神々をお迎えするのは旧暦の10月10日で、今年は新暦の11月21日がその日に当たります。

 

明日からの投稿をお楽しみくださいませ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

  すべての存在が幸福でありますように!
  きっと今日も素敵な出来事がありますよ!
 

 

人気ブログランキングに参加しています。 
皆さまに幸せと豊かさをお届けするブログを目指してます。 
ワンクリックで応援をいただければ励みになります。

↓↓↓

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ