東京旅⑥ ~ 嵐の聖地と呼ばれる二宮神社

おはようございます、智道です。

 

東京旅最終日のメモリアルです。

観光らしき観光もせずに最終日となりました。

まあ、久しぶりに姉夫婦にも会えたし
甥にも姪の旦那にも会えたし、
一緒に行った母も喜んでいたと思います。

そもそも観光目的の旅ではなかったので目的は成就です。
よかったよかった。

 

東京最後の思い出に、
義兄に教えてもらった神社があったのでお詣りしてきました。
船橋市の二宮神社です。

なんでもこの神社、嵐の二宮和也さんの姓が入っていることから、
嵐神社としてファンの間では整地化されているのだとか。

ビジュアル的には華やかな神社ではいけど、
古風でノスタルジックな雰囲気の神社でした。
サザンオールスターズの「愛の言霊」が似合いそう。

 

 

二宮神社の創建は創立は弘仁(810年~823年)の年間で、
嵯峨天皇の勅命によるものであると云われ、
古来より、近郷二十三ヶ村の総鎮守として広く人々の信仰をあつめてきました。

御祭神は、建速須佐之男命と櫛稲田比売命の夫婦神。
そして、大国主命。

おお、出雲神ではないですか。

他には、
藤原時平命
大雀命(おおささぎのみこと)= 仁徳天皇
譽田別命(ほんだわけのみこと)= 応神天皇
も鎮座されています。

 

 

東京旅の締めは千葉となりました。

さて、いよいよ東京とお別れです。
お土産屋に立ち寄ってから羽田空港へ向かいました。
ちょっとあわただしい午前。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ちょっと肌寒い朝ですが、楽しい休日をお過ごしください。

 

すべての存在が幸福でありますように。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ