葛飾北斎展に行ってきました。

春うららと言うにはちょっと遅いかな。
今なら、春らんまんと言った方がふさわしいでしょうか。

早いところでは、ソメイヨシノが咲き始めているようです。
皆さまのお住まいの所はいかがでしょうか?

もうすぐ4月、もう花見のシーズン到来です。

そして、ゴールデンウィーク。
いえいえ、日本にとってはもっと大切な改元があります。
来週の月曜日には新元号の発表があります。

西暦で見るとなんと言うことはないけど、
日本人は和暦の方がしっくりくる人の方が多いと思います。

良い意味でも悪い意味でも、
改元は日本人の集合無意識に影響し、
見えないレベルでの様々なイベントや
エポックメイキングがあるかもしれません。

子供の頃からテレビ等でお姿を拝見していた皇太子殿下が、
いよいよ新天皇となられます。感無量です。

皇室の方々へのご挨拶って存じ上げませんが、

天皇陛下へおつかれさまでしたとか、
皇太子殿下へよろしくお願いしますとか、

こんな思いは、どんな言葉を使えばいいでしょうかね。

★★★

先日、島根県立美術館で開催された、北斎展に行ってきました。

一昨日の3月25日に終了しましたが、前期と後期の二回に分けて開催され、
僕は後期の方に行きました。

特に絵画に造詣が深いわけではありませんが、
あの有名な富士山をバックに大波ザッブーンの版画、
【富嶽三十六景 神奈川沖浪裏】を生で見てみたかったのです。

今見なかったら、一生見られないかもしれない。
いつ行く? 今でしょう!
というノリで行ってきました。

思っていたよりサイズが小さいのが意外でしたが、
「この絵に北斎が触れていたんだな!」
と時代を超えての北斎という著名人との対面の瞬間に
静かな感慨にふけっておりました。

ただのミーハー(*^_^*)

葛飾北斎の名前を有名だけど、どんな人なのかは知らないので、
ネットで調べてみたら・・・
かなりの変わり者だったようですね。
一芸に秀でる人は、一般人の常識を超越している?

僕は一般人としてしか生きられません(笑)

それでは、今日も素敵な一日をお過ごしください。

すべての存在が幸福でありますように。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ