平成から令和へ ~ゆく元号くる元号

おはようございます。

新元号発表されましたね。

令 和


【新元号『令和』を発表する菅義偉内閣官房長官】(ウィキペディアより)

個人的にはそんなに違和感はなくて、素敵な元号だと思います。
後ろの字が和なので、昭和生まれの僕は昭和に回帰するような気がして、
良い感じです(^^)

だから、令和は幼少時代からの仕切り直しですね。

昭和では、

もっと勉強すればよかった。
もっと友達を大切にすればよかった。
もっといっぱい遊べばよかった。
もっと仕事にも趣味にも集中すればよかった。
もっと親を大切にすればよかった。

だから、令和では、

もっと勉強しよう。
もっと友達を大切にしよう。
もっといっぱい遊ぼう。
もっと趣味にも趣味にも仕事に集中しよう。
もっと親を大切にしよう。

そんな思いを今持っています。

『令和』の出典は万葉集なんですね。
『令和』は、初めての国書を典拠とする元号とのことです。

「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」
(「万葉集」三十二首 「梅花(うめのはな)の歌」より )

今後は、万葉集がブームになるかもしれません。

言霊ヒーリングを知って以来、日本の古典文学に興味を持っていて、
中学生用の参考書などを使って古文の勉強をしています。

古今和歌集は持っているけど、この機会に万葉集も買っちゃおうかなぁ。
書店で見た感じでは、折口信夫先生の口語訳万葉集(上・中・下 三分冊)
が読みやすかったです。

     

平成は、今日を含めるとあと28日。
一日一日を大切にしていきたいと思います。

同時に、令和はどんな夢を実現しようかと構想を練り
イマジンしていきます。

年末ならぬ元号末。
年越しならぬ元号越。

心機一転の大きなチャンスのようです。
平成ではパッとしなかったあなた、(←僕(^_^;))
仕切り直しの大きなチャンスですよ~!

顔晴りましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今日も素敵な一日をお過ごしください。

すべての存在が幸福でありますように。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ